吉本集の個人ブログ
Web制作の技術について書いています。たまに日記も書きます。

夢織り人からの卒業

2014年2月27日 / category : 日記

Dreamweaver(DW)を使い始めて10年くらいになります。
彼とは色々な思い出があります。喧嘩もよくしました。他のテキストエディタに浮気もしました。
でも、結局は彼の元に戻り、PCと同時に起動するくらい僕との仲は良かった。

本日をもって、彼から卒業します。

新しい彼の存在は1年前から知っていました。友人からの紹介で。
インストールもしていました。起動もしました。コードも打ちました。
でも、その時はまだ魅力を感じることができず、サイト定義でDW上からデータをアップできる機能を重宝していたので、DWを愛していました。

そして、ついに昨日、出会いました。
winSCPという素敵なツールに。

このツールの何が素敵かというと、サーバー側のファイルとローカル上のファイルを監視に、変更があったファイルを変更すると自動的に同期する「ミラーリングアップロード」という機能があります。
要は、コーディング作業中に、その機能をオンにしておけば、ファイルを保存したタイミングでサーバー側にアップロードされるわけです。

【今までの手順】
コーディング作業

ファイル保存(Ctrl + S)

更新ファイルを選択し、DWでプット(サイトの定義で設定しているサーバーにファイルをアップロード)

【ミラーリングアップロードを使用した手順】
コーディング作業

ファイル保存(Ctrl + S) = 保存と同時に自動アップロード

これはもう便利。
これで、起動が重いDWを使う理由がなくなった。
で、新しい彼はというと、sublime text君です。

今日一日触っていて、ようやくすごさがわかりました。
というか、すぐわかりました。
以前、魅力を感じられなかった自分が恥ずかしいです。

で、その魅力を伝えると長くなるので、割愛しますが、いまのコーディング時間より劇的に速くなるのは間違いありません。

・タグを打つ必要がなくなる
・同じ文字列を一度に複数(または全て)変更できる
・コードのかたまりを省略して生成できる
・画面を分割できる
・便利そうなプラグインがたくさんある

などなどです。

ミラーリングアップロードのwinSCPと、魅力たっぷりのsublime text、この組み合わせで今後コーディング作業をしたいと思います。
さらにコーディング作業が速くなる自分が想像できて、かなりドキドキしています。

明日からまた、コーディングが好きになりそうです。