吉本集の個人ブログ
Web制作の技術について書いています。たまに日記も書きます。

2016年、作業環境が大きく変化しました。

2016年12月16日 / category : 日記

2016年がもうすぐ終わります。そして、今年は4回しかブログを更新できなかったことに気づく。
これはいかん。

ということで、いま何か書こうとしています。

2016年を振り返ると、作業環境が大きく変化しました。

■ファイルのバージョン管理
東京事務所では、2015年ごろから作業ファイルのバージョン管理をGitを使用していましたが、
今年から札幌事務所と一緒にやる仕事もGitを使用してファイルを管理するようになりました。
Gitのツールは、sourceTreeを使用しています。
リポジトリの作成には、Backlogを使用しています。

■Adobe Creative Cloud エクストラクト
これは便利。
コーディング作業が劇的に変わりました。
画像の書き出しもPhotoshopの「Web用に保存」を卒業し、エクストラクトの「画像アセットの抽出」で画像を書き出すようになりました。
また、要素間の距離を測るのが便利すぎます。
ただ、テキストの行間分の距離が考慮されないので、再調整は必要ですが・・・。
その他、CSSのコピーやテキストのコピーも便利です。
残念な点を挙げるとすると、PSDのレタリング時間が長いことです・・・。

■CSS設計 BEM
BEMを採用してCSSを構築することが多くなりました。
ただ、個人的には厳密に取り入れてしまうことは好きになれず、ソフトな感じで採用しています。
好きになれない大きい理由の1つが、クラス名が長くなること。そのことでソースが汚くなってしまうこと。
BEMをソフトな感じで採用しつつ、ソースを綺麗にすることを目標に現在も研究中です。
CSS設計の考え方はBEM以外にもOOCSS、SMACSSなどあるようですので、今後も研究していきたいです。

■webpack
最近これが流行っているのでしょうか。
僕は、Gulp + TypeScript + webpackの組み合わせで使っています。
TypeScriptについては、個人的もう少しスキルを上げる必要があるな、と感じています。

おかげさまで仕事の方は忙しくさせていただき、大変嬉しいことなのですが、
個人で活動していると、なかなか最近の流行りについていけない・・・、というのを実感した1年だったかもしれません。