吉本集の個人ブログ
Web制作の技術について書いています。たまに日記も書きます。

2018年を振り返る

2018年12月29日 / category : 日常的な, 日記

2018年を振り返る時期になりました。
1月から12月の売り上げを見ると、それなりに納得のいく数字になっている。

「安定していて順調ですね。」
毎年毎年いただく言葉ですが「振り返ると安定していた」だけなのです。
来年3月以降仕事の予定はゼロです。「来月いまのところ仕事ゼロです」なんてこともいまだにある。
この状態を10年も経験すれば慣れるものですが、それでもやはり不安になりますし「安定したいな」という気持ちは強いですが、
これが受託制作の性かなと思っています。

私は、JavaScript、HTML・CSSの実装をメインに活動していますが、今年は比較的面白い案件を担当することができ、まだまだ実装をメインに活動していきたいと強く思えました。
自分はJavaScriptに特化して、HTML・CSSの実装は、誰かと一緒に組んで開発するというのも考えてみたいと思いました。
CMS(WP、MTなど)の依頼もいただきましたが、これは相方(弊社のもうひとりの代表)が得意ですので、助けてもらいました。
まだまだ余裕がありそうなので、来年はCMSの案件を多くしたいなと思っています。
今年に入ってからデザインの依頼も数件いただいたので、元同じ事務所のフリーランスになったデザイナーに助けてもらいました。
基本的にひとりで活動していますが、相方や信頼のできるフリーランスの方と一緒に活動するというのは、とても面白い動き方で、来年はもう少しいろんな方と一緒に活動できればと思っています。

ということで、来年は制作を1人で開発するのではなく、誰かと共同で開発するような動きができたらと思っています。
そのためにはまず「出会う」ことが必要です。
仕事・技術的な事はTwitterで発信しているので、このツールをうまく使うのか、交流会やイベントなどに参加するのか、などなど検討したいと思います。

私が利用している事務所には、私の会社を含め4社入っており、共同で事務所を使っています。
4社とも似たような業界の会社なので、近くで会社の成長などを見ていると色々と勉強になったり、刺激になったりします。
その中でも1番お世話になっている制作会社さんは人が減ったり増えたりしながら、少しづつ成長していき、この会社は今後どうなっていくのだろうと本当に興味津々で面白いです。
私の隣の席の会社(1人の会社)の代表は、今年半ばごろから力を入れていたプロジェクトに苦戦していて現在もなかなか大変そうにしています。制作会社とは違う分野ですが、この人(この会社)が将来どうなっていくのか、隣の席で観察できているというのは貴重な経験をさせてもらっているように思えます。
そんな中、私の会社は、2人の会社で二人代表制でやっており、ひとり(相方)は札幌で活動し、私は東京で活動しているという会社です。
会社に人を増やさず、この2人で活動していくという方針の会社です。(きっと)
現在は受託制作をメインに活動していますが、いつまで受託制作で売り上げを維持できるかが見えない分、不安との戦いでもあります。
このまま何も手を打たず、目の前の受託制作をこなしていくというわけにもいきません。
私が挑戦していることは、受託制作で売り上げが維持できている間に、どれだけ資産を作ることができるかです。
2年前に不動産を購入し、現在も順調に収益を上げられています。資産の一つとして、不動産があり、来年には2棟目を目標にしています。
そのほかに、自社サービスを資産と考えています。
正直なところ、うまくいっていません。これは今後の課題です。

私と相方は実装者であり、サービスを作ることしかできません。
それ以外に必要な分野に関してはやはりサポートが必要であり、一緒にやってくれる人(または法人)が必要だと思っています。

これもまたまずは「出会う」ことが必要です。
来年は「出会う」こと、これを最も大事なテーマとして活動できたらなと。